日本国内への輸入が禁止・規制されているもの

日本国内への輸入が禁止・規制されているもの

個人輸入できるものは様々なものがありますが、日本国内に輸入できないものもあります。
危険物にあたるものはなんとなく想像ができると思いますが、ワシントン条約に接触するものなど、
意外とこんなものまで?という商品もあります。
是非知っておきましょう。

個人輸入が禁止されている・輸入できないもの

個人輸入で日本への輸入が禁止されているものは何がある?

海外個人輸入代行で購入できる商品の種類は様々なものがありますが、個人輸入できない商品もあります。
日本国内への輸入に関しては、関税法、植物検疫法、家畜伝染病予防法、薬事法などに該当する製品によってさまざまな法令で輸入が禁止・規制されており、国内に輸入できないものがあります。
どんなものがあるか掲載していきます。

輸入が禁止されているもの一覧

1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤及びあへん吸煙具
2. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品、それらをイメージさせるおもちゃ等。
(モデルガン、水中銃、刀剣を含む)
3. 爆発物の危険性のあるもの(マッチ・ライター・スプレー缶、ガスボンベ、リチウムイオン電池単体など)、
Flammableと記載のあるもの(香水、コロン、サニタイザ―、マニュキュア、除光液など)
4. 火薬類
5. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
6. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
7. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
8. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
9. 児童ポルノ
10. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
11. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までに掲げる行為を組成する物品
12. 花・種子、果物・野菜など生果実については、植物の種類や国・地域によって日本への輸入を禁止しているものがあります。また苗木自体にも輸入制限を受けるものがあります。
ポプリ・ドライフラワー・松ぼっくり・わら製品・未加工の木で作られた製品なども植物防疫法により輸入規制の対象となります。
13. ビーフジャーキー・ソーセージなどの肉製品(缶詰も不可)、ペットフード・ペット用サプリ、肉を使った商品(スープミックスなど)
14. ワシントン条約に抵触するもの(ワニ、トカゲ、ダチョウ、ヘビ革製品、バニラ、アロエ、アガベ、キャビアと記載されている商品、木製の商品など)

個人輸入代行業者を使用しても輸入が禁止されているものは日本へ持ち込めません。個人輸入代行業者でも取り扱えない商品です。

抜粋:
税関

輸入は可能だが、数量が規制されているもの一覧

個人輸入で日本への輸入が禁止されていないが数量などに規制があるものは何がある?

1. 医薬品および医薬部外品
外用剤・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など(毒薬・劇薬および処方箋を除く)
→標準サイズで一品目24個以内
外用薬以外の医薬品・医薬部外品
→毒薬・劇薬・または処方箋薬は1ヶ月分以内
→その他の医薬品・医薬部外品は2か月分以内
2. 化粧品
標準サイズで一品目24個以内(例えば口紅の場合、ブランド・色などに関わらず24個以内)
石鹸・洗剤・シャンプー・リンス・歯磨き類なども化粧品に含まれます
3. 医療用具
家庭用医療機器等(例:電気マッサージ機、体温計など)は1セット。なお、医家向け医療機器は、一般個人による輸入は認められません。
使い捨てコンタクトレンズは個人使用2か月分まで
体外用診断薬(例えば排卵検査薬など)は2か月分まで
4. 食料品
個人使用目的の場合、食品の個人輸入としてみなされる量は目安として合計10㎏程度。飲料品は10リットルまで(例:750mlボトルで12本程度)。その範囲内であれば、食品衛生法等による「届出」は必要ありません。
ただし、植物(果物・野菜)、動物(肉類)、乳製品は必ず検疫対象となるので注意が必要です。
5. 酒類
個人使用目的の場合、酒類の総量が10㎏程度(例:750mlボトルで12本程度)であれば食品衛生法等による「届出」は必要ありません。
6. 食器類(鍋などの調理器具も含む)
個人使用目的の場合、内容量10㎏程度までは輸入可能です。食品衛生法等による「届出」は必要ありません。
7. 衛生用品関係
個人使用2か月分まで(仕様書に1日の使用量が明記されているのでこれを参考に算出)
8. 対象年齢6歳未満対象のおもちゃ
対象年齢が6歳までのおもちゃは食品と同様に食品衛生法に該当します。
食品衛生法に該当する商品は、個人使用目的のみで10kg以内迄の商品のみ発送可能。

個人輸入代行業者を使用しても数量や重量に規制があるものはそれを超えた輸入はできませんので注意が必要です。

抜粋:
税関
malltail

日本国内への輸入が禁止・規制されているものまとめ

日本国内への輸入が禁止・規制されているものは個人輸入業者を使う場合も注意が必要です。禁止されているものに関してはそもそも販売をしていないと思いますが、規制されているものに関しては数量や重量を超えないように特に注意が必要です。

海外個人輸入代行カテゴリの最新記事