海外個人輸入代行とは?メリットやデメリットは?

海外個人輸入代行とは?メリットやデメリットは?

海外個人輸入代行とはどのようなものでしょうか?
なぜこのようなサービスがあるのか、意外と知らないと言う方も多いようです。
インターネットが普及し、便利な世の中になっていますが、国境の差もなくなるかも。
海外個人輸入代行のメリットやデメリットなどわかりやすくまとめます。

海外個人輸入代行とはいったいどのようなもの?

海外個人輸入ってどういうもの?何をしてくれるの?

個人輸入とは海外の製品を個人で取り寄せて購入することです。

直接現地の企業や店舗と取引を行い、個人で注文・購入し、輸入する事ですが、それには言語の障害や税関など個人では敷居が高いものとなっております。

例えばアメリカで販売している製品を購入したい場合、言語は勿論英語になりますので英語力が必要です。
現在では翻訳サイトなどもありますが、翻訳機は完璧ではありませんのでどうしても障害があったりします。
そんな、面倒な手続きを個人の代わりに代行してくれる業者を「海外個人輸入代行」と言います。

海外個人輸入代行とは個人では難しい個人輸入を手伝いをしてくれる業者の事を言います。

海外個人輸入を使うメリット

海外個人輸入を使うとどんな良い事が何があるの?

個人で個人輸入を行う為には、現地の言語などを知っている事が前提となります。
製品説明や購入後のメールのやり取りなど言語がわからない場合は購入した本人が把握できずにトラブルになる事もあります。また、国をまたいでの取引となる為、商品購入後の商品到着の遅れや誤送をはじめとしたトラブルも多いようです。
上記の理由から個人輸入を個人で行う事は非常に難しいものです。
しかし、海外個人輸入業者を使用する事により、購入者と海外の企業・販売店舗を仲介し、意思の疎通と取引内容の確認を行う事で取引が非常にスムーズに行うことができると言う点が最大のメリットと言えるでしょう。
利用社は輸入先の言語が全く理解できなくても日本語だけで取引を行うことができます。
また個人輸入代行を利用して、日本国内では入手できない商品を購入できることがあります。
日本国内では未発売の製品やまだ国内販売が決定していない新製品を現地から直接購入できる点などが挙げられます。

海外個人輸入代行の良い所は言語の違いによるトラブルを避けられるだけではなく、日本国内で売られていないけど海外で売られている商品を買う事ができます。

海外個人輸入を使うデメリット

海外個人輸入代行を使うとどんな悪い事がある?気を付けるべき事は?

海外個人輸入業者を使用する場合、個人輸入の手間やトラブルのリスクが減らせますが、海外個人輸入業者に払う手数料(中間マージン)が発生します。
例えば、10,000円の商品を購入した場合、11,000円などの手数料がかかります。
海外個人輸入業者はこのように手数料(中間マージン)が利益となる為、「手数料無料」「初回利用は無料」といったセールスポイントを掲げていたり、商品の価格が相場に比べてあまりにも安い場合は偽物や不良品の場合も考えられますので注意が必要です。
このように中には、悪質な業者もいる場合がありますので業者選びはしっかりとする必要があります。

海外個人輸入代行を使用するデメリットとして手数料(中間マージン)がかかり少し値段が高くなる。価格だけで選ぶと偽物や不良品の場合があるので業者選びは大事。

海外個人輸入代行とはどんなものかまとめ

海外個人輸入代行とは個人に代わって海外の商品を輸入してくれ、購入の手助けをしてくれる業者。
これにより言語の違いによるトラブルなどのリスクは減るが中間マージンがかかる。
また、中には、偽物や不良品を送ってくる業者もいる場合があるので注意が必要。

海外個人輸入代行カテゴリの最新記事