海外個人輸入代行の使い方。利用する為にはどうすればいい?

海外個人輸入代行の使い方。利用する為にはどうすればいい?

海外個人輸入代行を使い、海外から製品を購入したいが、はじめての個人輸入。
どうやって使ったらいいの?
また、日本国外の海外で買い物をするのと同様に換金して現地の貨幣で支払いをしないといけないの?
など、様々な疑問に答えます。
日本国内の通販サイトと違い、パスポートの提出など特別な手続きは必要なんでしょうか?

海外個人輸入代行の使い方

海外個人輸入業者を利用したい場合どうしたらいい?

海外個人輸入代行を利用する際にはどのような手順が必要になるのでしょうか。
主にインターネットサイトで探す事ができます。
その種類は様々で、洋服や家電やインテリアや雑貨やサプリメントや医薬品や子供用品など様々な個人輸入業者が存在します。
使い方は主にそのインターネットサイトで国内の通販と同じように商品を購入する事ができます。
会員登録が必要な場合もありますが、海外個人輸入代行だからといって特別、必要な手続きはありません。
ショッピングサイト大手の楽天やamazonなども海外直送のものもあり、知らず知らずの内に海外個人輸入代行を利用している事もあるかもしれません。

主にインターネットで欲しい商品を検索し、個人輸入代行業者のサイトを探す事ができます。海外個人輸入代行だからと言って特別な手続きは必要なく、国内のインターネット通販と同じ感覚で使用できる場合がほとんどです。

海外個人輸入代行の決済手段

海外個人輸入代行業者のサイトで商品を買う時の決済手段や貨幣は日本円?

海外個人輸入代行を利用する際の決算手段ですが、もちろん、日本国外の現地から仕入れを行う訳なので現地の貨幣で卸値などは決定されています。
では現地の貨幣で支払いをしないといけないかと言うと、それは違います。
海外個人輸入業者が現地の貨幣で仕入れを行い、日本円で販売しているので、決済は銀行振込やクレジットカードで日本円での取引が一般的です。
海外個人輸入業者が海外で運営している場合は稀にクレジットカード決済限定のサイトもある場合がありますが、基本的には国内の通販サイトと同じように、銀行決済やクレジットカード、そのほかにもコンビニ決済や着払いなどができる場合もあります。

基本的には国内の通販サイトと同じように日本円で取引ができます。決済方法はサイトによって若干異なりますが、銀行振込やクレジットカード決済などが主流です。

関税について

海外から商品を輸入するんだから関税はかかるの?

海外個人輸入代行業者を使用して、海外から製品を購入する場合は、個人で輸入する場合も個人輸入代行業者の場合も例外なく、国境を越えて取引を行う以上、関税が発生します。
その場合には商品の代金に上乗せされる形になります。
しかし、免税になるルールが存在します。
商品総額が16,666円未満の場合は免税となり関税、消費税は課税されません。
また、原則として課税価格が1万円以下の場合は免税になります。
この課税価格とは商品代金ではなく、商品価格の卸売り価格が対象です。
お酒や米、皮革製のバッグなど1万円以下でも免税の対象にならないものもあるので注意が必要です。
これは製品の金額によって異なってきます。
個人輸入であまり大きな金額に行く事は考えずらいので省略しますが、商品総額が20万円未満の場合は関税が発生しますが、簡易税率となります。
関税の金額も商品によって異なり、その中でも高い毛皮製品などの場合、20%もの高い税率がかけられるものもあります。
よほど高額な商品や特殊な製品を購入しない限り、それほど関税の負担を気にしなくてもいいと思います。

個人の場合も個人輸入代行業者を利用の場合も海外から商品を輸入する場合は関税がかかりますが、金額によって免税になります。関税がかかる場合にも個人輸入代行業者への支払い金額が多少上乗せになる位で、よほど大きな金額の買い物や特別な商品じゃない限りあまり気にする必要はありません。

海外個人輸入代行の使い方まとめ

海外個人輸入業者を使用するのに特別な手続きは必要なく、国内インターネット通販サイトを利用している感覚で利用できる。関税に関しても、免税対象以外は税がかかるが個人輸入代行業者側で価格に上乗せなど調整してくれる場合がほとんどで、あまり気にしなくても大丈夫。

海外個人輸入代行カテゴリの最新記事