輸入には個人輸入や並行輸入や小口輸入があるがその違いは?

輸入には個人輸入や並行輸入や小口輸入があるがその違いは?

海外商品を輸入する際には個人輸入や並行輸入や小口輸入がありますが、それぞれの違いは?
具体的にどんな違いがあるか、気を付けないといけない事などはある?
個人輸入の知識として違いは知っておきましょう。

個人輸入と並行輸入と小口輸入

海外から商品を輸入するのは個人輸入や並行輸入や小口輸入があるけど、どんな違いがあるの?

個人輸入とは海外の製品を個人で取り寄せて購入することです。と説明しました。
海外から製品を輸入すると言っても聞き慣れた言葉で「並行輸入」などがありますが、個人輸入との違いはあるんでしょうか?
その他にも「小口輸入」などがありますが、その違いについて簡単にお話します。

並行輸入とは

並行輸入とは 正規代理店ルートとは別のルートで正規品を輸入することです。
例えば、ブランド品などを正規代理店を通さずに個人で海外で、直接買い付けて日本で販売する事を言います。
例で例えれば、世界的に有名なスポーツブランドのナイキのスニーカーを海外の正規代理店のナイキ販売店ではなく、ナイキを製造している工場などから仕入れを行った場合、並行輸入品となります。

小口輸入とは

小口輸入とは主に商売に利用する商品の輸入で、「第三者に販売する目的で商品を海外から小規模(少量)輸入すること」を指します。
個人輸入はあくまでも「輸入者が個人で使用する為の輸入」で小口輸入は「輸入車が商売をする為の輸入」と言う違いがあります。
また小口輸入の場合は個人輸入であった免税措置もありません。

個人輸入のおさらい

個人輸入とは輸入者が個人で使用する為だけに海外から商品を取り寄せる事を指します。個人で使用する為なので、輸入品を第三者に販売する事が違法です。金銭のやり取りがないプレゼントだとしてもダメなので覚えておきましょう。
海外の商品を輸入すると言っても上記のようにそれぞれ違いがあるので知っておきましょう。

並行輸入は海外から正規代理店以外のルートから仕入れを行っているものを輸入するもの。小口輸入は海外から商用に輸入するもの。個人輸入とは海外から個人の使用だけを目的に輸入するもの。個人輸入品は個人で利用以外に使用してはいけない。

海外個人輸入代行で購入できる商品の種類

海外から個人輸入できる商品の種類は?輸入できないものもある?

海外個人輸入代行で購入できる商品の種類は様々で、洋服や家電やインテリアや雑貨やサプリメントや医薬品や子供用品など様々な個人輸入業者が存在します。
例えば、洋服の個人輸入代行業者の場合、日本で取り扱っていないブランドは挙げればキリがない程、存在します。
前にも言いましたが、海外個人輸入代行業者を使い、その日本未上陸のブランドを購入できるだけでもメリットではありますが、それ以外にもメリットが存在します。
それは価格です。
日本に正規代理店ができると販売価格が日本用の価格に変更される為、現地で購入したら1万円の商品が、日本では2万円で販売されるなどのケースがあります。
その場合は個人輸入代行で購入した方が現地の価格で購入でき、それに代行業者の手数料を乗せたとしても、結果的に安い価格で購入できる場合などがあります。
上記のように様々なメリットがありますが、中には個人輸入できない商品もあります。
どんなものがあるかと言うと、
果物や、野菜、そして牛肉(生肉、加工品や缶詰も含む)は個人輸入出来ません
また食品の個人輸入は、10kgまでと定められています。食器、飲料、お酒、乳幼児の玩具も同様に10kgまでです。
様々な商品が個人輸入可能ですが、中には個人輸入でないものもありますので注意しましょう。

個人輸入は様々な商品が海外から輸入できますが、中には輸入できない商品もある。

個人輸入と並行輸入と小口輸入の違いまとめ

同じように海外からの輸入と一口に言っても、個人輸入や並行輸入や小口輸入などの種類があります。個人で輸入する場合には知っておく必要がありますが、個人輸入代行業者を使用する場合は特に気にする事はありません。一応違いだけは理解しておきましょう。

海外個人輸入代行カテゴリの最新記事